名刺を保管

名刺ビジネスシーンに必要不可欠なアイテムがビジネス名刺です。ビジネス名刺作成と同時に、私達がしっかり意識しなければならないのは、名刺保管です。以前、ビジネス名刺を交換したというのに、必要というとき、なかなか見付からないというのではやっぱり意味がないですよね。

出来るビジネスマンは、 カードフォルダなどを使用して名刺の整理を心掛けています。あなたは、必要なときにビジネス名刺を取り出せるようになっているでしょうか。

ビジネスマンは日々ビジネス名刺にばかり時間をかけているわけにもいかないのです。手間のあまりかからない方法を選択しなければなりませんし、そしてビジネス名刺も処分する時もあり、管理枚数をそれ以上増やさないというモチベーションも出来るビジネスマンには大事なことなのです。

ビジネス名刺は絶対に永久保管という姿勢の人たちもいるようです。その人たちはひょっとしたら口先だけでビジネスマンを演じているだけかもしれません。出来るビジネスマンはもっとスリムに生きていかなければなりません。そして、今お話ししたことが一つ満たされれば取り敢えずOKということではなくて、全部の条件が満たされている必要があるのです。

 

名刺の賢い管理方法を教えます

普段仕事をしていると、名刺をもらう機会がたくさんあります。名刺フォルダーに保管することが多いのですが、数が多すぎて整理しきれずに机の引き出しに無造作に放り込まれている事もしばしばです。これでは、連絡したい時などに大変不便です。

名刺をコピーして、ノートに貼る方法や、名刺をスキャニングする方法、名刺のデータをエクセルにいれて情報を管理する方法など様々な管理方法がありますが、私が最近活用しているのはスマートフォンのアプリを使った管理方法です。

今、人気が上がっているのが、スマートフォンで名刺の写真を撮影することでデータ化をしてくれる便利なアプリです。データ化をするだけではなく、連絡先などの情報をデータとして保存ができ、じっさいに連絡をとることもできます。更に、パソコンとこ関連付けることができるので、パソコンでデータの閲覧や編集をすることも可能です。ネットから無料で手に入れることもできるので大変おすすめのアプリです。このアプリを使うようになって、連絡もスムーズにできるようになり、仕事の効率も上がりました。スマートフォンを持っている人は簡単にダウンロードできますので活用してみてください。きっと仕事に役立ちますよ。

貰った名刺の管理方法

社会人になると、他の会社の方から名刺を貰う事が多々あります。みなさんは、その後、名刺の保管はどのように行っているでしょうかケースの中に入れている人、机の中に無造作に入れられている人人それぞれでしょうしかし、人間の記憶力は、1度や2度会っただけでは、名前だけみただけでは、そんなに簡単に思い出されるものではありません。

しかし、人間の記憶と言うものは、ちょっとしたヒントを与えただけで思い出すものなのです。なので、次会った時に困らない為、貰った方のプロフィールなどを自分で作ってみましょう。すぐに思い出されるきっかけになるものは、まずは性別です。名前をみれば、性別はわかるだろうと思われるかもしれませんが、意外と男女共通で使われるものも多いのです。

次に年齢です。実際に歳を聞くのは失礼になるときもあるので、予想でいいです。何歳くらいと思われるだけで十分です。他にも、その方の趣味、性格や、相手がこう言う話方をしたら喜んでくれただとか、こうしたら一瞬目が厳しくなったとか、なるべく小さな事でもプロフィールに記載しましょう。

しかし、間違っても悪い事は書いてはいけません。なるべく相手の良い部分を書くようにしましょう。もしあなたがそのプロフィールを落としてしまって相手に見られてしまった場合、悪口が書いてあると取り返しのつかないことになります。逆に良いことばかり書いてあれば、相手の印象もよくなります。こうしてプロフィールを作成しておくことにより、次に会った時、話がスムーズになります。