Monthly Archives: 3月 2017

名刺を保管

ビジネスシーンに必要不可欠なアイテムがビジネス名刺です。ビジネス名刺作成と同時に、私達がしっかり意識しなければならないのは、名刺保管です。以前、ビジネス名刺を交換したというのに、必要というとき、なかなか見付からないというのではやっぱり意味がないですよね。

出来るビジネスマンは、 カードフォルダなどを使用して名刺の整理を心掛けています。あなたは、必要なときにビジネス名刺を取り出せるようになっているでしょうか。

ビジネスマンは日々ビジネス名刺にばかり時間をかけているわけにもいかないのです。手間のあまりかからない方法を選択しなければなりませんし、そしてビジネス名刺も処分する時もあり、管理枚数をそれ以上増やさないというモチベーションも出来るビジネスマンには大事なことなのです。

ビジネス名刺は絶対に永久保管という姿勢の人たちもいるようです。その人たちはひょっとしたら口先だけでビジネスマンを演じているだけかもしれません。出来るビジネスマンはもっとスリムに生きていかなければなりません。そして、今お話ししたことが一つ満たされれば取り敢えずOKということではなくて、全部の条件が満たされている必要があるのです。

サイズを気をつける

パソコンを操作している手許の写真最近では、ビジネス名刺を、業者に依頼せず、自分で作ってしまおうという人たちも多いようです。
側にパソコンがあれば、ビジネス名刺だって作ることが出来てしまうのです。
しかしビジネス名刺は顔にも匹敵するツールなので、安易なモチベーションはちょっと警戒をしなければなりません。
どのように印象付けることが出来るかということもとても大事なことです。

ビジネス名刺にもある決まったマナーというものが存在し、ビジネスマンとしてそのようなマナーにしっかり従う必要があります。ビジネス名刺は自由に作っていいということではありません。例えばサイズを気にせず作ってしまえば一体どのようなことになってしまうのでしょうか。

大きなサイズのビジネス名刺は、相手に対してインパクトを与えるかもしれません。しかし、それ以前にこのビジネスマンはマナー知らずと思われ、軽視されているでしょう。そんな大きなサイズのビジネス名刺を受け取って、相手は一体どのような方法で整理をするのでしょうか。そのビジネス名刺だけ邪魔だから処分してしまうこともあるかもしれません。

名刺のサイズは横が91ミリ、縦が55ミリとあらかじめ決められているので、そのルールにしっかり従うようにしましょう。

見やすい名刺

ビジネス名刺というものは、ゴチャゴチャいろいろ書いてあると、見栄えがみっともない出来になってしまいます。余白が存在しないビジネス名刺なんてやっぱり魅力のないモノです。

適度な余白があるのがベストなのですが、そんなに情報を詰め込んでいては余白が期待できるはずはありません。だから、やっぱりビジネス名刺に載せる情報は必要最低限に留めておきたいものです。余白のあるビジネス名刺によって、伝える情報量は少なくなるかもしれませんが、見栄えのいい印象のいいビジネス名刺を作ることが出来ます。そのとき、お客様もきっと、そのビジネス名刺をしっかりと目でもって捉えてくれることになります。

お客様に印象をもってもらおうとして、いろいろ色をつけたビジネス名刺を作成する人たちもいます。しかし、色をつけることで尚更文字が見えにくくなってしまい、インパクトがなくなってしまっているのではないでしょうか。ビジネス名刺は色を強調するものではなくて、文字を強調するものでなければならないです。

実際に、色遣いによって、無惨なビジネス名刺を作ってしまっている人たちも非常に多いようです。兎に角、出来るビジネスマンは見やすいビジネス名刺を作成しなければなりません。デザインに自信のない人は名刺の作成を業者に依頼するのも良いでしょう。豊富なデザインから選べるので自分にぴったりのビジネス名刺を作成することができるでしょう。

ビジネス名刺を作る

ビジネスマンは当然、名刺というものとしっかり向きあうことになります。名刺は、果たして作ればいいというものなのでしょうか。名刺にはいろいろ難しい問題を抱えているようです。

そのデザインにも注意をしなければならないことがあります。そのデザインこそがお客様の数を左右してしまうかもしれません。名刺とはそれ程までに大事なアイテムなのです。

名刺デザインにおいて注意をしなければならないこととは、情報を多く名刺に入れ込み過ぎないことです。住所、電話番号、携帯番号程度は、名刺に入れたいと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、更に、 メールアドレス、ホームページアドレス、QRコードについても考えることができ、更には、 地図や資格、役職やキャッチコピー……、考えれば名刺にあれも載せたいこれも載せたいということがどんどん頭の中に浮かんで来たりします。

その情報を全部、名刺に羅列することは不可能ではありません。しかし、そのような名刺って、決して魅力的な名刺とは言えなくなってしまっているのです。全部を伝えるということではなく、あなたが名刺によって何をメインに伝えたいのかということをしっかり考えて作成をするようにしましょう。

最低限を名刺に載せて、興味を持ったお客様に、別の方法でもって紹介するという方法を選択した方が、お客様の購買意欲がわくケースもあります。そのような方法もあるということを考えてください。