Monthly Archives: 3月 2017

名刺を保管

名刺ビジネスシーンに必要不可欠なアイテムがビジネス名刺です。ビジネス名刺作成と同時に、私達がしっかり意識しなければならないのは、名刺保管です。以前、ビジネス名刺を交換したというのに、必要というとき、なかなか見付からないというのではやっぱり意味がないですよね。

出来るビジネスマンは、 カードフォルダなどを使用して名刺の整理を心掛けています。あなたは、必要なときにビジネス名刺を取り出せるようになっているでしょうか。

ビジネスマンは日々ビジネス名刺にばかり時間をかけているわけにもいかないのです。手間のあまりかからない方法を選択しなければなりませんし、そしてビジネス名刺も処分する時もあり、管理枚数をそれ以上増やさないというモチベーションも出来るビジネスマンには大事なことなのです。

ビジネス名刺は絶対に永久保管という姿勢の人たちもいるようです。その人たちはひょっとしたら口先だけでビジネスマンを演じているだけかもしれません。出来るビジネスマンはもっとスリムに生きていかなければなりません。そして、今お話ししたことが一つ満たされれば取り敢えずOKということではなくて、全部の条件が満たされている必要があるのです。

 

名刺の賢い管理方法を教えます

普段仕事をしていると、名刺をもらう機会がたくさんあります。名刺フォルダーに保管することが多いのですが、数が多すぎて整理しきれずに机の引き出しに無造作に放り込まれている事もしばしばです。これでは、連絡したい時などに大変不便です。

名刺をコピーして、ノートに貼る方法や、名刺をスキャニングする方法、名刺のデータをエクセルにいれて情報を管理する方法など様々な管理方法がありますが、私が最近活用しているのはスマートフォンのアプリを使った管理方法です。

今、人気が上がっているのが、スマートフォンで名刺の写真を撮影することでデータ化をしてくれる便利なアプリです。データ化をするだけではなく、連絡先などの情報をデータとして保存ができ、じっさいに連絡をとることもできます。更に、パソコンとこ関連付けることができるので、パソコンでデータの閲覧や編集をすることも可能です。ネットから無料で手に入れることもできるので大変おすすめのアプリです。このアプリを使うようになって、連絡もスムーズにできるようになり、仕事の効率も上がりました。スマートフォンを持っている人は簡単にダウンロードできますので活用してみてください。きっと仕事に役立ちますよ。

貰った名刺の管理方法

社会人になると、他の会社の方から名刺を貰う事が多々あります。みなさんは、その後、名刺の保管はどのように行っているでしょうかケースの中に入れている人、机の中に無造作に入れられている人人それぞれでしょうしかし、人間の記憶力は、1度や2度会っただけでは、名前だけみただけでは、そんなに簡単に思い出されるものではありません。

しかし、人間の記憶と言うものは、ちょっとしたヒントを与えただけで思い出すものなのです。なので、次会った時に困らない為、貰った方のプロフィールなどを自分で作ってみましょう。すぐに思い出されるきっかけになるものは、まずは性別です。名前をみれば、性別はわかるだろうと思われるかもしれませんが、意外と男女共通で使われるものも多いのです。

次に年齢です。実際に歳を聞くのは失礼になるときもあるので、予想でいいです。何歳くらいと思われるだけで十分です。他にも、その方の趣味、性格や、相手がこう言う話方をしたら喜んでくれただとか、こうしたら一瞬目が厳しくなったとか、なるべく小さな事でもプロフィールに記載しましょう。

しかし、間違っても悪い事は書いてはいけません。なるべく相手の良い部分を書くようにしましょう。もしあなたがそのプロフィールを落としてしまって相手に見られてしまった場合、悪口が書いてあると取り返しのつかないことになります。逆に良いことばかり書いてあれば、相手の印象もよくなります。こうしてプロフィールを作成しておくことにより、次に会った時、話がスムーズになります。

サイズを気をつける

パソコンを操作している手許の写真最近では、ビジネス名刺を、業者に依頼せず、自分で作ってしまおうという人たちも多いようです。
側にパソコンがあれば、ビジネス名刺だって作ることが出来てしまうのです。
しかしビジネス名刺は顔にも匹敵するツールなので、安易なモチベーションはちょっと警戒をしなければなりません。
どのように印象付けることが出来るかということもとても大事なことです。

ビジネス名刺にもある決まったマナーというものが存在し、ビジネスマンとしてそのようなマナーにしっかり従う必要があります。ビジネス名刺は自由に作っていいということではありません。例えばサイズを気にせず作ってしまえば一体どのようなことになってしまうのでしょうか。

大きなサイズのビジネス名刺は、相手に対してインパクトを与えるかもしれません。しかし、それ以前にこのビジネスマンはマナー知らずと思われ、軽視されているでしょう。そんな大きなサイズのビジネス名刺を受け取って、相手は一体どのような方法で整理をするのでしょうか。そのビジネス名刺だけ邪魔だから処分してしまうこともあるかもしれません。

名刺のサイズは横が91ミリ、縦が55ミリとあらかじめ決められているので、そのルールにしっかり従うようにしましょう。

 

名刺を作成してみよう

皆さんは名刺をつくったことがありますか、名刺は自分の名前や連絡先などをの書いたカードのことです。名刺をはどこでてにいれるのか、私の場合パソコンで自分の名刺を作成します。名刺は自分の好きなデザインで作成でき、自分の好きな文字の形にして、作成することができます。そのデザインが完成すると、印刷機で印刷し、印刷機からでてきたら、カットし名刺の完成となります。

名刺は上司だけではなく初めて会った人や、会社に関係なくあらゆるところで使われています。自己紹介がわりみたいなもので、それでコミュ二ケーションがとれていいと思います。名刺を渡すにも渡しかたがあり、もらい方もあり、この名刺をわたすのにもマナーというものがあります。

この世の中ルールやマナーで縛られている気がしますが、マナーやルールがなければ、人を思いやる心が失われるとおもいます。ルールーやマナーにとらわれずたまにはルールを破ることもいいかもしれません。それは冗談として、ルールとマナーをしっかり身につけ良い大人になりたいです。

名刺を作成する上での注意

社会人としては、名刺はぜひとも持っておくべきものです。大企業ともなると、名刺作成は会社で作ってくれる所もありますが、自分で1から会社を作ったり、工場などの中小企業の場合はどうするのでしょうか。

名刺は自分の情報を伝えるものなので、常に使います。よって、数はあるに越したことは無いです。そうすると、やはり名刺作成会社のようなものに頼んだほうがいい気がしますが、自ら名刺作成を手がけている人も実は少なくないのでしょうか。これもあくまで予想ですが、会社に頼むと、あらかじめ書けることが決まっているのだと思います。

ですので、独創的な会社や、何か一押しのことがある場合は、やはりそれを名刺に入れたいので、自分で作成しているのではないかということです。

見やすい名刺

ビジネス名刺というものは、ゴチャゴチャいろいろ書いてあると、見栄えがみっともない出来になってしまいます。余白が存在しないビジネス名刺なんてやっぱり魅力のないモノです。

男性適度な余白があるのがベストなのですが、そんなに情報を詰め込んでいては余白が期待できるはずはありません。だから、やっぱりビジネス名刺に載せる情報は必要最低限に留めておきたいものです。余白のあるビジネス名刺によって、伝える情報量は少なくなるかもしれませんが、見栄えのいい印象のいいビジネス名刺を作ることが出来ます。そのとき、お客様もきっと、そのビジネス名刺をしっかりと目でもって捉えてくれることになります。

お客様に印象をもってもらおうとして、いろいろ色をつけたビジネス名刺を作成する人たちもいます。しかし、色をつけることで尚更文字が見えにくくなってしまい、インパクトがなくなってしまっているのではないでしょうか。ビジネス名刺は色を強調するものではなくて、文字を強調するものでなければならないです。

実際に、色遣いによって、無惨なビジネス名刺を作ってしまっている人たちも非常に多いようです。兎に角、出来るビジネスマンは見やすいビジネス名刺を作成しなければなりません。デザインに自信のない人は名刺の作成を業者に依頼するのも良いでしょう。豊富なデザインから選べるので自分にぴったりのビジネス名刺を作成することができるでしょう。

 

 

ビジネスに必要な、自分の事を紹介するための名刺を作成する

ビジネスは、色々な会社と取引したりする事で、規模を大きくしていく事ができると思います。色々な会社と、取引をするためには、まずは、自分の会社の商品などを売り込みに営業に行く必要があります。営業は、まずは、相手先に話を聞いてもらわないといけませんが、相手に会ってもらうためには、会うための約束をする必要があります。

そして、相手先の人に会って、話を聞いてもらう訳ですが、自分の事を紹介するためには、名刺を渡す事が有効です。名刺には、自分の名前や連絡先、会社名などの情報が書かれており、自分の事を知ってもらうためには、有効な物ですので、ビジネスを行う場合作っておく必要がある物だと思います。名刺は、名刺を作成してくれる業者に頼むと、作って貰う事ができます。

ビジネスの相手先は、複数の場合が多いですので、名刺もたくさん必要だという事で、名刺を作成してくれる業者では、指定した枚数の名刺を作ってくれます。名刺を作成してくれる業者を探すには、インターネットで、名刺、作成、などのキーワードで検索すると、簡単に見つける事ができますので、とても便利だと思います。

 

名刺は自分を覚えてもらうためのアイテムです

仕事の営業や取引で、名刺の交換をする機会は度々あります。特に外回りで営業なさっている人は、その頻度はかなり多いのではないでしょうか。名刺は初対面の仕事上の取引の相手に、自分を紹介する上で大切なアイテムのひとつです。

名刺自体は、ただの一枚の紙に過ぎませんが、そこには自分の所属する会社、肩書き、連絡先などの情報が簡潔にまとめられています。必要な情報が一枚の紙に集約されているので、それを保存、管理すれば取引の相手の貴重なデータベースになります。

最近では色々なデザインの名刺を作成する事ができますが、目先のデザインのこだわる前に、自分の伝えたい情報が相手側にきちんと伝わるかを考えて作成したいものです。あまりにも情報が煩雑に書き込まれすぎていると、もらった相手は二度とその名刺を見返してくれないかもしれません。相手の目を引く変わったデザインもいいのですが、やはりシンプルで自分を覚えてもらいやすいものが一番だと思います。

ビジネス名刺を作る

ビジネスマンは当然、名刺というものとしっかり向きあうことになります。名刺は、果たして作ればいいというものなのでしょうか。名刺にはいろいろ難しい問題を抱えているようです。

そのデザインにも注意をしなければならないことがあります。そのデザインこそがお客様の数を左右してしまうかもしれません。名刺とはそれ程までに大事なアイテムなのです。

QRコード名刺デザインにおいて注意をしなければならないこととは、情報を多く名刺に入れ込み過ぎないことです。住所、電話番号、携帯番号程度は、名刺に入れたいと思っている人たちが多いのではないでしょうか。しかし、更に、 メールアドレス、ホームページアドレス、QRコードについても考えることができ、更には、 地図や資格、役職やキャッチコピー……、考えれば名刺にあれも載せたいこれも載せたいということがどんどん頭の中に浮かんで来たりします。

その情報を全部、名刺に羅列することは不可能ではありません。しかし、そのような名刺って、決して魅力的な名刺とは言えなくなってしまっているのです。全部を伝えるということではなく、あなたが名刺によって何をメインに伝えたいのかということをしっかり考えて作成をするようにしましょう。

最低限を名刺に載せて、興味を持ったお客様に、別の方法でもって紹介するという方法を選択した方が、お客様の購買意欲がわくケースもあります。そのような方法もあるということを考えてください。

 

名刺は分かりやすいものにする

名刺は分かりやすいものにしていくということがとても大切なことです。名刺というものはとても素晴らしいものであり、とても大きな価値のあるものです。名刺というものはとても様々な情報を載せているものなので、分かりやすいものにして相手が利用しやすいものにしていくということがとても大切です。名刺というものはとても多くの人が利用しているものであり、名刺はこったものにしていくということもとても大切ですが、きちんとこちらの情報が伝わることはとても大事です。

名刺というものは、サラリーマンなどにとって必用不可欠なものでありこうしたものを効率的に使っていくということはとても大きなメリットのあるものです。名刺というものは、これからの世の中においてもとても便利なものでありこうした名刺をたくさんの人に配っていくということはとても大きなビジネスチャンスに繋がる可能性をとても高めてくれるものです。

ビジネスというものはとても素晴らしいものであり、名刺は必要不可欠なものです。

名刺に記載すべき情報とは

ビジネスの中で必要不可欠なもの、それは名刺。名刺はあなたの顔ともいえる、ビジネスの世界において重要なアイテムです。そんな名刺だからこそしっかりとした名刺を持っておきたいものです。名刺に記載しておくべき情報は基本、名前・電話番号・メールアドレスです。

特に重視すべきなのは、名前の配置です。名前は名刺の中で最も重視される情報です。分かりやすく大きめに配置しましょう。ふりがなも横に小さくふっておくと良いでしょう。

また名刺には、自分の多くの情報を詰め込みたいと思う方もいらっしゃると思いますが、それは逆効果です。

必要以上の情報を詰め込むと、相手はどれがあなたの重要な情報なのか、瞬時に見極めることができず、かえってあなたの評価を落としかねません。

必要以上の情報を書き込むことはかえって逆効果です、やめましょう。

名刺には必ず名前・電話番号・メールアドレスを分かりやすく配置しましょう。

住所などは会社の場所を記載する必要がある場合などに記載しましょう。