サイズを気をつける

パソコンを操作している手許の写真最近では、ビジネス名刺を、業者に依頼せず、自分で作ってしまおうという人たちも多いようです。
側にパソコンがあれば、ビジネス名刺だって作ることが出来てしまうのです。
しかしビジネス名刺は顔にも匹敵するツールなので、安易なモチベーションはちょっと警戒をしなければなりません。
どのように印象付けることが出来るかということもとても大事なことです。

ビジネス名刺にもある決まったマナーというものが存在し、ビジネスマンとしてそのようなマナーにしっかり従う必要があります。ビジネス名刺は自由に作っていいということではありません。例えばサイズを気にせず作ってしまえば一体どのようなことになってしまうのでしょうか。

大きなサイズのビジネス名刺は、相手に対してインパクトを与えるかもしれません。しかし、それ以前にこのビジネスマンはマナー知らずと思われ、軽視されているでしょう。そんな大きなサイズのビジネス名刺を受け取って、相手は一体どのような方法で整理をするのでしょうか。そのビジネス名刺だけ邪魔だから処分してしまうこともあるかもしれません。

名刺のサイズは横が91ミリ、縦が55ミリとあらかじめ決められているので、そのルールにしっかり従うようにしましょう。

 

名刺を作成してみよう

皆さんは名刺をつくったことがありますか、名刺は自分の名前や連絡先などをの書いたカードのことです。名刺をはどこでてにいれるのか、私の場合パソコンで自分の名刺を作成します。名刺は自分の好きなデザインで作成でき、自分の好きな文字の形にして、作成することができます。そのデザインが完成すると、印刷機で印刷し、印刷機からでてきたら、カットし名刺の完成となります。

名刺は上司だけではなく初めて会った人や、会社に関係なくあらゆるところで使われています。自己紹介がわりみたいなもので、それでコミュ二ケーションがとれていいと思います。名刺を渡すにも渡しかたがあり、もらい方もあり、この名刺をわたすのにもマナーというものがあります。

この世の中ルールやマナーで縛られている気がしますが、マナーやルールがなければ、人を思いやる心が失われるとおもいます。ルールーやマナーにとらわれずたまにはルールを破ることもいいかもしれません。それは冗談として、ルールとマナーをしっかり身につけ良い大人になりたいです。

名刺を作成する上での注意

社会人としては、名刺はぜひとも持っておくべきものです。大企業ともなると、名刺作成は会社で作ってくれる所もありますが、自分で1から会社を作ったり、工場などの中小企業の場合はどうするのでしょうか。

名刺は自分の情報を伝えるものなので、常に使います。よって、数はあるに越したことは無いです。そうすると、やはり名刺作成会社のようなものに頼んだほうがいい気がしますが、自ら名刺作成を手がけている人も実は少なくないのでしょうか。これもあくまで予想ですが、会社に頼むと、あらかじめ書けることが決まっているのだと思います。

ですので、独創的な会社や、何か一押しのことがある場合は、やはりそれを名刺に入れたいので、自分で作成しているのではないかということです。