サイズを気をつける

パソコンを操作している手許の写真最近では、ビジネス名刺を、業者に依頼せず、自分で作ってしまおうという人たちも多いようです。
側にパソコンがあれば、ビジネス名刺だって作ることが出来てしまうのです。
しかしビジネス名刺は顔にも匹敵するツールなので、安易なモチベーションはちょっと警戒をしなければなりません。
どのように印象付けることが出来るかということもとても大事なことです。

ビジネス名刺にもある決まったマナーというものが存在し、ビジネスマンとしてそのようなマナーにしっかり従う必要があります。ビジネス名刺は自由に作っていいということではありません。例えばサイズを気にせず作ってしまえば一体どのようなことになってしまうのでしょうか。

大きなサイズのビジネス名刺は、相手に対してインパクトを与えるかもしれません。しかし、それ以前にこのビジネスマンはマナー知らずと思われ、軽視されているでしょう。そんな大きなサイズのビジネス名刺を受け取って、相手は一体どのような方法で整理をするのでしょうか。そのビジネス名刺だけ邪魔だから処分してしまうこともあるかもしれません。

名刺のサイズは横が91ミリ、縦が55ミリとあらかじめ決められているので、そのルールにしっかり従うようにしましょう。